Biography

2017 Line-Up

김성훈 Sunghoon Kim<vo>,植木 英史 Hideshi Ueki<g>,松原 匠 Takumi Matsubara<key>,中村 和正Kazumasa Nakamura<b>,堀 博貴Hiroki Hori<dr>

( L to R ) 堀 博貴, 中村 和正, Sunghoon Kim, 植木 英史, 松原 匠

1999

植木英史を中心に前進バンドはDie<vo>,Seigen<b>,Rinnba<key>,飯田<dr>の5人編成で結成される。

​王道なNeo Classical HMバンドとして名古屋のElectric Lady Landを拠点に活動を始める。同年6月にバンド名をRachel Mother Gooseに改名。

初回ellステージで飯田が脱退。新しく山田が加入するが8月で脱退。サポートとして飯田が再加入し"Magic Wand""With Dream"の2曲をレコーディングし1st demo tapeを配布。

九月には飯田のサポートが終了し正式メンバーとしてBatayanが加入。

2000

​4月、レコーディング開始。6月1stアルバム"Magic Wand"をリリース。ellのレコ発ライヴを皮切りに初の東名阪ツアーを行う。10月にDieが脱退。

2001

3月、新ヴォーカリストSyuuheiが加入。6月に3曲入りの2nd demoを制作。

2002

3月、陰陽座のオープニング・アクトを務める。後seigenが脱退し新たなベーシストとしてMIYAVIが加入。

8月、2ndアルバム"Nadir"がJackhammermusicよりリリース。レコ発ツアーとして東名阪を行う。

10月、植木以外のメンバーが脱退。

2003

​1月、Mikka<vo>,早川ユウジ<b>松井博樹<key>,小川幹夫<dr>が加入。その後3rd demo”Mother"を制作しXYZ→Aや韓国のBlack Syndromeと共演する。

8月、韓国のテグで行われたユニバーシアード大会、ワールドロック・フェスにBOWWOW,XYZ→A,ロリータ18号とと共に出演し海外最初のライヴを行う。

2004

1月、4曲入りのMini album "Fortune"を自主制作300枚限定でリリース。後、早川が脱退し小坪真吾が加入。7月には2曲を追加収録して3rdアルバム"Fortune missionary"をMandrake Rootからリリース。後、松井博樹が脱退。

2005

​Rinnb<key>が再加入する。9月、"KAIROS"をレコーディングし、4thdemoとして150枚限定で配布。そして新たなアルバム"Signs"を制作し始める。

2006

1月、アルバム"Signs"をMandrake Rootよりリリース。レコ発ツアーを札幌まで伸ばし国内ツアーを展開する。Rinnbaのサポートが終了し渥美淑子<key>が加入。

2007

1月、5th demoを配布。

2008

​9月、6th demoを配布

2010

Mikka,小川,渥美,が脱退。初代シンガーDieをゲストに迎え新メンバー岡田英之<key>,Takeru<dr>が加入し結成10周年アニバーサリーツアーを東名阪で行う。この時に2曲入りのデモを配布する。

新VoにJanne Makkatainenが加入。

2011

​10周年記念アルバムから"Vicious eyes"がPSVitaのソフト"地獄の軍団(スクウェア・エニックス)"に挿入曲として使用される。

2012

9月、3曲入りシングル"Pray For Revenge"を自主リリース。東名阪他レコ発ツアーを行う。

2013

岡田が脱退。そして現メンバー松原匠<key>がサポートで参加。7月、Janne ,小坪、Takeruが脱退。9月に名古屋で韓国のネオクラHMバンドZihardと共演。これがSunghoo Kim<vo>との出会いになる。​​

2014

​RachelMotherGooseを植木のソロ・プロジェクトとして再開する。

3月、植木が単身でソウルで行われるZihardのライヴにゲスト参加する。

​5月に行われる”Owari Metal Fest 2014"に参加するため植木の持つ妥協のない楽曲を再現するメンバーを招集。

以前からサポートしていた松原匠<key>をはじめSunghoon Kim<vo>, 中村和正<b> を迎える。

2015

​7月、ZihardのリーダーYoungsoo Park<g>をゲストに東名阪ツアーを行う。

2016

5月​、新アルバムのプリプロダクションを行う。7月に御殿場Tapestry Recording studioでレコーディングを開始する。dr sound producerとしてOUTRAGEの丹下眞也が参加。Mix,Masteringにアレッサンドロ・デル・ヴェッキオが担当。

2017

1月、新アルバム"TOKIWA NO SAI"をSpiritual Beastからリリースされ発売はユニバーサル・ミュージックと初のメジャー作品となる。今作はOUTRAGEの阿部洋介<g>やSAEKO<vo>もゲストで参加。

第一弾レコ発ツアーに星山哲也<dr>がサポートで参加

​3月、現サポートメンバーの堀博貴<dr>が加入

2018年

一月新歌5億以下,

使用 dainsleif 錄製演示音源

行進

參加決賽決定日本代表將站在聖地瓦肯的舞台上。

七月

進行西日本巡演。遊覽島根、鳥取、福岡和松山。

十二月

與 POWERIZED 進行了一次國內聯播,他是 Nick Holleman 的前 Vicious Rumors 成員。

2019年

4月,他第二次亮相決賽,在瓦肯舞台上決出日本國家隊。

6月,錄製下一部作品的demo和音源。

7th DEMO 將作為獨立製作板僅在 ell.SIZE 演出場地出售。 40 件已售罄。

10 月在名古屋演出中支持挪威前衛旋律 HM 樂隊 Circus Maximus

這個時候,我們將宣布我們的第一首挑戰歌曲,KOTODA MAIST。它受到了前衛搖滾樂迷的歡迎。
十二月 完成下一部作品的所有Demo音源的錄製。

2020年

6月,錄音師犬井扶餘彥將再次參與下一部作品的錄音。 Hori 和 Nakamura 在 JOYSOUND 601 Studio 錄製了 3 天,7 月 Matsubara 在 Gachaman 錄音室錄製了 2 天,August Ueki 在岐阜縣山形市的公共大廳錄製了 5 天,以及 9 月 Kim Sung Hoon 在首爾錄製。

10 月,Alessandro Del Vecchio 再次參加 Mix & Mastering。

11月開始促銷

2021年

4月,新專輯SYNRABANSHO與RUBICON MUSIC簽約。

於 5 月 26 日星期三發布。

推特新聞

189038417_3858457047613531_6170872364077
51aVEvqei0S._SY291_BO1,204,203,200_QL40_
新聞聯播
06/06/2021
對植木的採訪發表在BURRN 7 月號!
06/04/2021
Ueki 的專輯製作和設備採訪發佈在綜合電吉他網站“Dr. Electric Guitar”上!
31/05/2021
SYNRABANSHO TEASER發布
22/05/2021

為那些從他們的標籤 RUBICON MUSIC 和 DISK HEAVEN 訂購的人,增加了封面藝術圖案罐徽章(Φ44mm)。並且還發布了海報!

RMG的新專輯SYNRA BANSHO有很多首次福利,視頻(40分鐘)是貼紙+現場直播&植木的專輯評論&Alessandro Del Vecchio的留言!消息

06/05/2021
我們的新專輯發表在今天5月6日發行的重金屬/硬搖滾雜誌BURRN !的評論中。很高興聽到90分的高分和對我們寄予厚望的評論!請檢查一下。請繼續關注 SYNRA BANSHO 的發布。
30/04/2021

我們RMG歌手金成勳將於6月23日在King Records發行個人專輯《Hegemony Shift》!

我們RMG成員植木秀文·中村和正B.和在前作TOKIWA NO SAI中打球的橫山洋介也參與了這項工作。

請檢查詳細信息!
詳情:國王記錄

23/04/2021

【瑞秋鵝媽媽信息】

今天是新專輯信息禁播日!!

瑞秋鵝媽媽

標題:SYNRA BANSHO-Shinrabansho

出版商: RUBICON MUSIC

惠普 http://rubicon-music.com/
全國各唱片店開始預約!

詳情請至新聞

2175012107-482x680.jpg